育児の悩み解決します!できなくても気にしない10のこと

育児の悩み解決します!できなくても気にしない10のこと

 

さまざまな育児書に書いてあることや、健康診断などで育児について指導されることって厳しいことばかりですよね。しかし、世の中に全てを実践し、完璧にこなしている母親は皆無と言っても過言ではありません。育児で悩んでいる人は、あまり気しないで楽しい育児を心がけましょう。そうすることで、育児ノイローゼーなどを予防し、我が子を愛情豊かにのびのびと育てることができます。ここでは、そんなママが悩みがちな気にしすぎないでも平気なことを10個ご紹介していきましょう。

 

1.オムツをしている大人はいません!

 

育児の悩み解決します!できなくても気にしない10のこと

 

もう、幼稚園に通っているのに、オムツがなかなか外れない、夜中にまだおねしょをするなど、オムツに関して悩むママは多いことでしょう。しかし、考えてください。大人でオムツをはいて寝る人がいますか?いつかは自然におねしょはしなくなるもの。神経質になりすぎずにその子のペースでオムツを外していきましょう。叱りすぎると、余計に子どものお漏らしは悪化しますよ。また、おねしょは病院に相談することで、薬を処方してもらえるので焦らずに。気にしすぎない方が良い育児の1つです。

 

2.外出した後手を洗うのを嫌がる

 

育児の悩み解決します!できなくても気にしない10のこと

 

子どもは小さな頃から、少しずつ免疫力を高めていいきます。そのため、食事の前の手洗いなどができていれば、そこまで神経質にならなくても大丈夫。一回でも手洗いを忘れたことで、ママは子どもを責めたり自分を責めたりするかもしれません。泥遊びなどであまりに汚いケースでは気にした方がいいかもしれませんが、ちょっとお買い物に連れ出した後の手洗いやうがいを忘れたケースでは神経質にならなくても平気ですよ。その代わりに食事やおやつの前にはしっかりと手洗い習慣をつけるようにしましょう。

 

3.甘い食べ物をほしがる!

 

育児の悩み解決します!できなくても気にしない10のこと

 

おやつの時間をしっかり守って、甘いジュースは飲ませない、チョコやキャラメルは与えない、などは、健康診断などでもきつく言われる話題ですよね。しかし、上に兄弟がいるケースや友達からもらうケースなどでは、どうしても甘いものを与える機会もどんどん増えてくることでしょう。与えすぎは健康に悪いのは、確かです。しかし、節度を守って、たまのご褒美を与える分には問題ないでしょう。年齢を重ねるにつけて、全てを監視はできなくなってきます。その代わりにしっかり歯磨き習慣をつけましょう。

 

4.昼寝時間が長い

 

育児の悩み解決します!できなくても気にしない10のこと

 

よく指導されることの1つに、夕方以降のお昼寝は避けて、早めに目覚めさせること、などがありますよね。しかし、ママのお仕事の都合などでどうしても、寝ていて欲しいケースはあるものです。また、子どもによってはお昼寝好きで、リズムでどうしても夕方に寝ているケースもあることでしょう。確かに、夜寝なくなるなどの弊害はあります。正しいリズムを心がけることは正しいかもしれません。しかし、ママだって少しは休みたいですし、寝ていて欲しいケースもあることでしょう。無理やり起こすと、ぐずる子供だっていますよね。あくまでも目安であり、大きな生活習慣の乱れがないようであれば、子どもの生活リズムに合わせてあげても問題ないですよ。

 

5.外で遊ばせるのが難しい

 

育児の悩み解決します!できなくても気にしない10のこと

 

子どもはできるだけ外で、お友達と一緒に遊ぶこと。確かにその方が子どもの情緒も安定しますし、協調性も生まれやすいと言えます。体内時計を安定させるためにもお日様は大切。しかし、生活環境的に難しい場合や、子どもが外遊びを好まないケースでは実現が難しい場合もありますよね。この育児指南は理想論であり、絶対必要なことではありません。子どもが満足して遊べる環境があるなら、毎日公園でお友達と遊ばなくても平気です。できるだけママが一緒に遊んであげましょう。

 

6.授乳のお悩み

 

育児の悩み解決します!できなくても気にしない10のこと

 

授乳間隔は月齢ごとに時間を伸ばしていくものと言われています。しかし、赤ちゃんによっては母乳が大好きで一時間ごとに飲みたがる子だっているのは事実。あくまでも目安なので、赤ちゃんが欲しがり、ママもあげられるなら気にしすぎない方がいいかもしれません。赤ちゃんの発育が順調であれば授乳に関する悩みはほとんど不要です。母乳にこだわりすぎるのも考えもの。赤ちゃんの発育を見て、医師などと相談しながら授乳や離乳は考えてくださいね。

 

7.1歳過ぎても歩かない

 

育児の悩み解決します!できなくても気にしない10のこと

 

オムツと一緒で、健康であれば大人になっても歩けない子はいません。病院などで健康だと言われているのであれば、気にしないようにしましょう。1歳はあくまでも目安。子どもによっては2歳くらいで歩き出す子どももいますよ。はいはいなどの自力での移動手段があるなら気にしすぎないようにしましょう。

 

8.病気がちすぎる

 

育児の悩み解決します!できなくても気にしない10のこと

 

うちの子、すぐに風邪をひくみたい...。と悩むママも多くいることでしょう。しかし、持病がないケースでは子どもの鼻水くらいは多めにみても大丈夫。子どもは風邪をひくことで、健康な体になっていきます。忘れた頃に「最近風邪引かなくなったな」といずれ感じることでしょう。

 

9.泣き止まない

 

育児の悩み解決します!できなくても気にしない10のこと

 

何をしても泣き止まない子どももいますよね。どこか痛いのではないか、具合が悪いのか、などと悩むママもいることでしょう。確かに、激しく急に泣き出し、泣き止まない場合には、受診するべきケースも存在します。しかし、それ以外のことで、泣き癖のある子どもで抱っこさえすれば泣き止むなどのケースでは気にしないようにしましょう。自己主張ができる子どもだと認識してたくさん抱っこしてあげてくださいね。

 

10.夜早く寝てくれない

 

育児の悩み解決します!できなくても気にしない10のこと

 

子どもが夜更かしすぎて困るケースもありがちです。赤ちゃんのうちは子どもは夜型のケースが多いもの。少しずつ生活習慣を整えていければ問題ありませんので、あまり神経質にならずに、少しずつ努力していきましょう。できるだけ昼寝を控えて、外遊びさせることで、夜ぐっすり眠れる子どもになっていきますよ。

 

まとめ

 

育児の悩み解決します!できなくても気にしない10のこと

 

いかがでしたか?実はその育児の悩み、大げさに悩んでいるだけかもしれません。子どもは自分なりに健康に成長していきます。周囲のペースや育児書などに惑わされすぎずに、理想論だと認識し少しずつ近づければそれで問題ありませんよ。ママがピリピリしすぎると子どもにも伝染し、情緒不安定になるかもしれません。できるだけ楽しい育児になるように、小さなことは気にしすぎないことを心がけるといいでしょう。